戻る メニュー

野々市市・金沢市で述べ6万回以上の施術実績から痛みの改善に最適な方法をご提案できる整体接骨院

ハレ接骨院

ハレ接骨院


簡単!腰痛を治したい時に鍛える筋肉と5つのストレッチ方法

普段から腰痛で悩んでいたり、ぎっくり腰を何度も繰り返してはもっと強い体を手に入れたいと思っていませんか?

腰痛やぎっくり腰は急になってしまったら一定の期間は痛くて辛い思いをするはめになったり、仕事や家事が手につかず不便になったり周りに迷惑をかけてしまうので出来るかぎりなりたくないですよね。

実はそんな慢性腰痛やぎっくり腰のような急性腰痛も防ぐ方法があるんです。これは治療を行なうプロなら当たり前に知っている方法であり、僕も実際に行っているケアですので必ずやったほうがいいことです。

治療家として治療をしている以上は身体を壊すわけにはいかないのでセルフケアとして行っている効果実証済みの方法ですので今日からあなたもやってみてくださいね。

そんな腰痛を改善・予防するための方法をお伝えしていきますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

腰痛・ぎっくり腰について

腰痛やぎっくり腰は多くの方が経験していることなのである程度はご理解してるかな?と思いますが、簡単に説明しますね。

腰痛の85%は原因不明と言われており、病院でレントゲンやMRIの検査をしても異常がない場合は軟部組織に何らかの原因があることがほとんどです。

長時間同じ姿勢やくり返しの動作で痛みを生じたり、急な動作で負傷したりと原因は様々ですが、筋肉が硬くなりすぎたり、筋肉が衰えて骨格を支えられなくなるとなかなか腰痛が治らない原因にもなります。

今回はそんな腰痛をトレーニングで予防する方法やストレッチで緩和または改善する方法をお伝えしていきます。

 

よくある間違ったトレーニング方法

突然ですが、昔からこんな話を聞いたことありませんか?

「腹筋と背筋のバランスが悪いから腰痛になるんだよ」と。そう、これは間違いではありません。

しかし問題なのは、そのために行うトレーニングです。

例えば下の画像の様なトレーニング方法があります。

実はこのようなトレーニング方法では、腰痛が更に悪化してしまう可能性もあるんです。

しかもこのトレーニングをしていて悪化しても、いきなり動けなくなるほどの痛みを感じるわけではないので多少痛くても続けてトレーニングしてしまい悪化させているかたも多いんです。

そうならないためにも、腰痛があるときに無理やりトレーニングをすることは避けましょう。

 

たったこれだけ!お腹を鍛えて腰痛を治すトレーニング方法

ここからは腰痛を改善、予防するにはどんなトレーニングが良いのかお話していきます。

当院では特にお腹のインナーマッスルである腹横筋(ふくおうきん)や腸腰筋(ちょうようきん)や背中の深部筋である多裂筋(たれつきん)のトレーニングをおすすめしています。

動画でご説明させていただきますのでぜひやってみてくださいね!

腹横筋とは?

腹横筋はお腹のインナーマッスルの一つで、背中からお腹にかけて横に走る筋肉です。

お腹の筋肉は外側から腹直筋(縦に割れている筋肉)腹斜筋(斜めに走っている筋肉)、腹横筋と順番にあります。その中でも特に体幹に近い深部にあり横の向きに走る腹横筋は天然のコルセットのような働きがあります。

つまり、腹横筋を鍛えることで腹圧が高くなり、常にお腹周りが締まって機能的にはもちろん、見た目もお腹がシャープになり美しくなりますので鍛えない選択支はないのです。

毎日行いましょう!

《腹横筋のトレーニング》

多裂筋とは?

多裂筋とは背中側の深部の筋肉であり、脊椎に付着している体幹の筋肉です。

この多裂筋が衰えてしまうことで背骨の支えが弱くなってしまい脊柱の生理的湾曲が正常ではなくなりやすくなるため腰痛や背部痛などの原因になります。

腸腰筋とは?

腸腰筋とは腸骨筋と大腰筋の二つの筋肉をセットで腸腰筋と呼ばれており、体幹の筋肉で最も太く重要な筋肉です。

腸腰筋は特に太ももの屈曲運動、つまり太ももを上げる動作で働くため、この筋肉の衰えによって無意識に足が上がらなくなり小さな段差で躓いたり、階段でこけてしまうなどの事態にみまわれます。

また、足が上がらないということは歩幅が小さくなるということでもあり、そうなることで身体の構造上背筋が伸びなくなり姿勢の悪さに繋がってしまいます。高齢者の方で前のめりになりすり足のように歩いている方はこれにあたります。

このトレーニングはシンプルですが、今回ご紹介した全ての筋肉に刺激が入るのでぜひやってみましょう!

《腹横筋・腸腰筋・多裂筋のトレーニング》

 

トレーニング後に行いたい5つのストレッチ

ここまではトレーニングについてご説明してきましたが、トレーニングで筋肉を使用した後はストレッチをして筋肉を伸ばして回復させてあげることが必要になってきます。

ここでは5つのストレッチ方法について動画でご説明しますのでぜひやってくださいね!

 

まとめ

腰痛は一度なってしまうと癖になってしまい、なかなか完全に痛みのない生活を送るには時間がかかってしまうこともあります。

そうならないためにも、今回ご紹介したトレーニングやストレッチで出来るだけ早期に改善を目指しましょう。

しっかりと続けて痛みのない充実した生活を取り戻しましょうね!では!

 

ハレ接骨院のご案内

住      所:
〒921-8801
石川県野々市市御経塚3-325
アクセス:
野々市駅から車で3分!
金沢市からも白山市からも通いやすい立地!
お問い合わせ・ご予約
076-272-8065
受付時間:
【平日】午前9:00〜12:00/午後14:00〜20:00
【土曜】午前9:00〜12:00/午後14:00〜19:00
 
定休日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ


電話で予約・問い合わせ